カード番号を勝手に控えられて不正利用されることがある?


利用通知サービスを使って利用状況を常に確認しよう

実店舗でクレジットカード決済をする場合、店員にカードを渡しますが、そのとき、番号や有効期限を控えられてあとで勝手に利用されるという被害が増えています。一部の有料ネットサービスでは、カード番号と有効期限が正しければ持ち主の名前やセキュリティコードを入力しなくても決済できることがあるからです。

では、こういった被害を防ぐ、あるいは最小限に食い止めるためにはどうすればいいのでしょうか。まず、カードを利用したときに登録したメールアドレスに通知が送られるサービスを使いましょう。たとえば、スマホで受信できるようにしておけば、不正利用された場合にすぐにわかり、カード会社に連絡することができます。

また、あらかじめ設定しておいた金額以上のカード決済が行われるとメールで通知されるというサービスもあります。他人のカードを不正利用とする輩はたいていの場合、10万円を超えるような決済を試みるので、そういった金額に設定しておけば被害を最小限に食い止められるでしょう。

カード機能を自分で無効にできるデビットカードを活用

普通のクレジットカードと、クレジットカードブランド付きのデビットカードを使い分けるのも有効です。デビットカードの中にはカード機能を有効にするか無効にするかを自分で決められるものがあります。店頭で決済する場合は必ずデビットカードを使い、自分が家にいてカードを使わない時間帯には無効にしておけば、万が一、デビットカードの番号を不正に控えられて悪用を試みられても安心です。

決済代行とは、決済ツールを導入したい企業とクレジットカード会社の間に立ち、様々決済手段を提供する会社のことです。