ビットコインをどんどん複製して、それを売ることはできるの?


不正な方法でビットコインを増やしても必ずばれる

ビットコインはデータとしてのみ存在している通貨です。いや、Bと掘られたビットコインの硬貨を見たことがあるという人も多いと思いますが、あれはビットコインを実体化したらどうなるかというジョークとしてのコインであり、価値はまったくありません。

データとしてしか存在していないということは、ビットコインのやりとりもデータ上だけということになります。しかしそれだと、価値のある動画データがネットに出回ると大量に複製されるように、ビットコインのデータを大量に複製し、取引所を通じて売却し、利益を得るという人も出てくるのではないでしょうか。

実際のところどうなのかというと、ビットコインの仕組み上、複製してどんどん増やしていくというのは不可能になっています。なぜかというと、ビットコインは誰から誰にどれぐらい取引され、誰がビットコインをいくら持っているのかということが、多数のコンピューターによりチェックされ、記録して残るからです。仮に、誰かが自分が持っているビットコインを不正に増やした場合、そのビットコインはどこからきたのかということが必ず問題になるので、結局、承認されないのです。

盗難された場合は正常な取引と見なされるので要注意

では、他人が持っているビットコインを盗み、勝手に売却してしまうことはできるのでしょうか。これは可能です。被害者から加害者にビットコインが移ったという処理になるので、データ上、正常な取引と見なされるからです。盗難被害を防ぐために、取引所にログインするパスワードを、別のサービスのものと同じにするといったことはやめて、二段階認証など不正ログインされにくいシステムを使って守るようにしましょう。

ビットコインでFXをしようと思ったら取引所に証拠金を仮想通貨や現金で預けておかなければならないですが、取引所を選ぶ時にはハッキング被害に遭わないようにセキュリティーが万全の取引所を選ぶと良いです。