個人型確定拠出年金と個人年金の違いは?受ける年金は決まっているの?


毎月の拠出は同じだが受ける年金が異なる

生命保険会社では確定個人年金と呼ばれる商品を販売しています。毎月一定額を保険料として支払っておくと、将来一定年齢から年金が受けられます。この商品は加入した時に毎月の保険料、将来受ける年金が決まっている商品です。個人型確定拠出年金も毎月の拠出額は決まっています。一応変更はできますが、一度決めると簡単に変更はできないようになっています。でも将来受ける年金額は決まっていません。それは自分で運用した結果で年金が変わるからです。確定個人年金は運用利率が加入時に決まっていて、保険会社などが運用をしてくれます。個人型確定拠出年金は運用利率などは決まっていなくて、自分の運用能力によって年金が変わります。多くもらえたり少なくなったりします。

拠出額がどれくらい所得控除になるかの違い

生活に関わる支出をしたとき、所得税において優遇措置が取られます。国民年金や健康保険の保険料を払うと社会保険料控除として全額が所得控除になります。所得が減らせるので、その分税金も減らせます。確定個人年金でも所得控除が適用されますが上限が決められています。加入が少し前なら最高5万円まで、最近加入したのであれば最高4万円まで控除できます。個人型確定拠出年金は、拠出額全額が小規模企業共済等掛金控除として控除の対象になります。こちらは上限はありません。自営業者だとかなりの金額の拠出が可能ですが、全額を所得控除にできます。これによって所得税をゼロにできれば、節税効果も大きくなります。確定個人年金よりもお得と言えるかもしれません。

個人型確定拠出年金は、国民年金や厚生年金の様な公的年金とは異なり、毎月の納付額が運用され老後に受け取ることができる私的年金のことです。