イデコのメリットを最大享受!知っておきたい税制や商品のこと


他にはないお得さを活用

非課税メリットを生かした資産形成を行える方法は数種ありますが、老後資金の準備で利用するのならイデコ・ファーストがいいでしょう。その理由は税制優遇が大きいからです。イデコは掛け金が全額所得控除となり、所得税と住民税が減税されます。その効果は、所得が高い人ほど大きくなり、働き盛りの世代なら掛け金の20から30パーセントが還元されるイメージでいるといいでしょう。たとえば、上限いっぱい積み立てなくても、月7000円の積み立てをすると、節税分の3000円が加算されて1万円が増えたことになります。利回り換算すると、3000円を7000円で割って、約40パーセントです。これはほかの非課税メリットを生かした資産形成にはないメリットで、投資の利益がトントンだとしても、これだけの利回りを別で確保できます。イデコは将来、資金を受け取るときに課税されますが、一時金受け取りでは退職所得控除が適用されるので現役時代の税率と比べれば、お得といえるでしょう。

損をしない金融機関に

イデコで利用できる金融商品は幅広く、ノーリスクの商品でも税制優遇が受けられますよ。また、イデコは一旦、売却をして買い替えたとしても、60歳まで非課税が続く仕組みです。原則60歳まで解約できないため、確実に老後資金を確保できるでしょう。ただし、イデコで積み立て可能な投信は金融機関により、信託報酬に幅があるので、慎重に選ぶようにします。たとえば、国内外に分散投資するタイプでは、12倍の差がありますので、ネット専業銀行を中心に比較的、信託報酬が少ない商品を扱っているところをチョイスするようにしましょう。

イデコは、若くて働けるうちに、毎月掛け金を出して、保険や投資信託などを運用して、60歳以降に資産を受け取るという、「自分で老後資金を作れるおトクな制度」です。