デメリットはないの?通販型の自動車保険の注意点をチェック!


保険料が安く抑えられます

自動車を運転する人は自賠責保険への加入が義務付けられています。それゆえ、もしもの事故の際もこの保険を使うことはできますが、あくまで被害者の救済を目的としていますので、ドライバー本人が怪我をした場合や物を破損させてしまった場合には対応することができません。

そして、上限金額もありますので、事故によってはそれだけでは対応できない可能性もあります。そこで多くのドライバーはより補償を充実させるために任意保険にも加入しています。事故の際は安心ですが、保険料は決して安くはありませんので、少しでも安く抑えたいと考える人も多くなっています。

保険料を抑えるのであれば通販型の自動車保険にも注目してみましょう。こちらは代理店がなく保険会社と直接契約を結びますのでその分保険料は安くなっています。

デメリットも知っておこう

通販型は手続きも簡単で保険料が安いのがメリットですが、契約前にはデメリットも知っておきたいところです。まず代理店型のように、担当者が説明を行ってくれるわけではありませんので、ある程度の保険の知識は必要です。

掛け金の安さだけで選んでしまわずに、補償内容はしっかりと確認しておきたいところです。わからないことがあればコールセンターなどで確認してみると良いでしょう。

通販型の場合は事故があった場合も担当者がすぐに駆けつけてくれない可能性もあります。対処方法はコールセンターでアドバイスをしてもらうことができますが、もしもの際の事故対応はどのように行われるのかも契約前に確認しておきたいところです。故障などで車が動かせなくなった場合はロードサービスが利用できますので、その内容もよく確認しておきましょう。

自動車保険は、所有者が事故や故障に備えて任意で加入するものです。近年では、ネットを利用したものが増えてきています。また、内容もきめ細かく個人に対応できるようになりつつあります。