ビットコインで決済を行う方法と対応しているサービス


決済方法でビットコインが選べるサービス

日本ではまだ店舗でビットコインを使って決済を行うことはできませんが、オンラインサービスではビットコインが使える場合も増えてきています。店舗では家電量販店や旅行代理店などでビットコイン決済に対応していて、オンラインサービスだとインターネット通販や電子書籍やゲームなどでも対応しています。実際の店舗での決済についてはすべての店舗で対応しているわけではなく、まだ一部でしか利用できませんが徐々に対応している店舗が増えています。

ビットコインで決済を行う方法と手順について

商品の購入はサービスの利用などにビットコインを使用する場合には、事前にビットコインをウォレットに入れておく必要があります。スマートフォンなどにアプリをインストールすることで利用出来るモバイルウォレットであれば、スマートフォンを持っていくだけなので店舗での決済もスムーズに行えて便利です。ウォレットへの入金については仮想通貨取引所などで、ウォレットのIDを指定して出金することで、ウォレットに任意の金額分のビットコインを入金できます。ビットコインを保有していない場合には、あらかじめ取引所で必要な分を購入したうえで、ウォレットへ入金しておく必要があります。
ウォレットへビットコインが入っていればすぐに決済が可能で、店舗の場合には清算時にビットコインを利用したいと伝えるか、オンラインサービスであればメニューから仮想通貨での支払いを選択します。ビットコインでの決済時にはQRコードを利用することが多いので、レジで提示されたQRコードをウォレットアプリ内のカメラで読み込みます。QRコードを読み取るとアドレスや金額などが表示されるので、内容を確認して送金ボタンをタップすると完了です。

ビットコインの比較の重要性はこれからますます増していくでしょう。ビットコインは決済手段や資産の保管手段として利用されることが目的ですが、同じ目的を持ったライバルの仮想通貨もたくさんあるからです。