個人型確定拠出年金で資金運用しながら節税する!


個人型確定拠出年金で節税をする

個人型確定拠出年金のメリットとして、節税になるということがあります。個人型確定拠出年金に出した掛け金は所得控除の対象になります。そのため、所得税と住民税が安くなるのです。この控除は個人型確定拠出年金の運用成績に関係なく、受けることができます。例えば毎月2万円づつ出したとして、節税額は4万8千円になります。この節税効果は出した金額が大きければ大きいほど、高い効果が得られます。高い所得税を払う予定の人はこの節税方法を使うと、税金が安くなるでしょう。

税金がかからないのがメリット

個人型確定拠出年金で利益が上がったしても、その利益には税金がかかりません。一般的には株式投資での利益には20%の税金がかかりますが、個人型確定拠出年金で出た利益は非課税なのです。毎年20%の税金がかかることを考えると、非課税になるメリットは大きいです。100万円の利益を出しても受け取れるのは、80万円だったはずなのに全額受け取れます。20万円は小さいと感じるかもしれませんが、何十年も税金を納めることを考えると、決して小さな額ではありません。

運用資金を受け取るときにも節税できる

個人型確定拠出年金では60歳以後に、運用資金を受けとるときにも控除を受けられます。運用資金の受け取り方には一時金形式と年金形式のうちから選べます。一時金形式であれば、退職所得控除が受けられて1150万円までが非課税になるのです。一方、年金形式で受けとるときにも公的年金等控除が受けられます。1回の受け取りが100万円であれば、1万5千円の納税額になるでしょう。

iDeCOとは、個人型確定拠出年金のこと。60才以降に年金や一時金として受け取る事ができる制度です。自分で商品(定期預金、投資信託など)を選び、月5,000円から積み立てることができます。